about

1964年に肉の伊勢屋として創業し、川崎市登戸で地域の皆様に美味しいお肉と自家製ハム・ソーセージをご提供することを理念とし、半世紀に渡り営業して参りました。
しかし2015年6月に区画整理により立ち退きをせざる得なく、新たに麻生区金程の地にて肉の伊勢屋「ハウスメッツガー・ハタ」として再開させていただきました。
いつも同じ食材が同じ量店頭に並び、欲しいときに欲しいだけ購入できるということを一番として考えることに疑問を感じ、数を売ることを目的とせず、信用できる間違いのない素材と、丹精込めた自家製の品々を提供していこうと、日々厳しいチェックをして店頭に並べ、販売いたしております。
人類の食という行ないは、単なる経済行為では済ますことのできない尊いものです。そこには複雑さと長い熟成というべき時間が伴います。
そのうえで健康な営みが育まれるのではないかと考えています。ここ金程という土地で、地域にしっかりと根ざし、コミュニティーを大切に誠実に邁進していく気持ちです。

ハウスメッツガー・ハタ 畑肇


肉の伊勢屋最後の日


about_img